タイ展示会 出展情報

関連技術

装飾品

カメラ

品質向上の取組

タイ工場

めっき種別

グレークロム

ニッケル

【タイ最大の展示会 《METALEX 2019》 に出展致します】

 METALEXは、毎年タイで行われる、ASEAN最大級の製造業向け展示会です。
 今年で33回目となり、来場者は10万人を超えると予想され、出展企業は国内外約25ヵ国、
900社以上の企業が工作機械や金属加工、金型、FA、測定器などが出展される予定です。
本展示会は、毎年11月にバンコクの《BITEC》と言う展示会場で行われ、今年は11月20日(水)
から23(土)まで開催されます。
 今年、当社は地方独立行政法人東京都立産業技術研究所センターのサポートを受け、同ブー
ス内で当社の出展をさせて頂きます。当社はタイに進出し6年が経過致しますが、進出当初の
アルミに対する無電解ニッケルめっき、装飾を目的としたニッケル/クロム以外のお問い合わ
せを頂いております。その中でも、切削加工後の脱脂などでお困りの企業が多く、装飾めっき
以外でもめっき前の脱脂設備、それに伴う排水設備を要した洗浄のご提案などもして参ります。

 開催期間:2019年11月20日(水)~23(土)
 開催時間:10:00~18:00
 ホール :HALL 98
 ブースナンバー:AG29
 (TOKYO METROPOLITAN INDUSTRIAL TECHNOLOGY RESEARCH INSTITUTE内)

 タイに法人を構えている企業様のご担当者様、及び日本から出張でのご来訪をお待ちして
 おります。


SIAM HIKIFUNE TOPICS

【海外生産におけるSDCAの推進】
皆さま突然ではありますが、【S・D・C・A】をご存じでしょうか? 【P・D・C・A】をご存知でもSDCA?
Pの間違いでは? と思う方も多いかと思います。答えは、P(Plan)がS(Standardize:標準化)
になります。
 当社のタイ工場では、今年4月に入社したタイ人Managerが、個人的にSDCAの講義を受講しており
まずは標準化を徹底、推進すべきとして、我々、日本人のアプローチと違った方向からタイ人スタッ
フ同士のコミュニケーションを増やして行き、各担当の標準化を進め、突発的なトラブルも減少、
安定して参りました。海外の進出企業において「現地化」は耳にする機会も多いですが、正にその
土地(国)にあった管理方法は、現地のスタッフで構築される事を実感しております。

製造業の品質改善を重視する事はもちろんですが、それには、経験、豊富な知識が求められ、タイ人
スタッフ全員に全てを求めるには時間を要し経費も掛かります。
 めっきの場合は、材料(材質)、加工方法(切削やプレス、鋳造など)のめっきを施す前の知識と
めっきを施すための設備(整流器やポンプ類、濾過器など)を.数多くを付帯設備として保守、消耗
部品の管理、校正の知識、そしてメーンとなるめっき液の管理。めっき液のpH、濃度、光沢剤の管
理と品質を保つ上で必要な知識、経験を積ませたい事項が沢山あります。
また、排水処理、産廃と主業務以外の環境保全も大事な知識、作業、経験が必要です。その為、日本
で技術をそのままに・・・・として枠組み、計画、実行を進めておりでましたが、業務が多岐となり
スタッフが理解不足のまま、改善が進まないのが実際の所でした。そこにタイでは社員の定着率問題
が加わり、計画が「絵に描いた餅」そのものでした。
SIAM HIKIFUNEの来期目標は、計画、実行の前の「標準化・実行」を周知徹底し、より良い製品作りを
進めて参ります。

次号からヒキフネレポートを受信したい方

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

TEL: 03-3696-1981

FAX: 03-3696-4511

TOP