筆めっき

関連技術

工芸品

微細

精密

色彩

めっき種別

二色めっき

ニッケル

筆めっき

「めっき」と言っても、実は 色々な方法があります。
皆さんご存知の めっき液の入った浴槽に 品物を入れて加工するラック(ひっかけ)やバレル。 その他にもノズルからめっき液を勢いよく めっきしたい部分に噴射して加工する「噴流めっき」、筆やブラシなどを用い 触れた部分にだけめっきができる「筆めっき(ブラシめっき 、差しめっき)」など 目的、用途、環境に応じて めっき方法を選ぶことができます。
今回は「筆めっき」についてです。

筆めっきの原理は 通常の電気めっきと同じです。
めっきしたい材料(被めっき物)を陰極(マイナス)に、電解液が含まれた含浸材で覆った筆(筆具)を 陽極(プラス)につなぎます。
筆先にめっき液を含ませ、被めっき物に接した状態で電気を流すとめっきができます。

 

【筆めっきの特徴】

  • 設備が簡便で持ち運びができる
    大型で取外しが大変な品物は、その場に行って作業ができる。
  • 操作が簡単:塗り絵、描画のようなイメージ
  • 部分めっきができる:キズの修復、装飾目的など

筆めっきを用いた 2色めっき
筆めっきを用いた2色めっき

 

【応用分野】

  • 装飾分野:美術工芸品、装身具などの加工および修復。
  • 工業用:大型機械・印刷ロール・金型などの補修
    プリント配線基板の回路修復
    電子部品や航空機部品へのめっき など


チタン干渉色絵『花と蜂鳥』 作:黒田 孝一

めっき以外にも 陽極酸化皮膜の着色法としても
同様の考え方が用いられています。電極のつなぎは逆ですが...

 

次号からヒキフネレポートを受信したい方

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

TEL: 03-3696-1981

FAX: 03-3696-4511

TOP