ホーム > 環境と人

  • 現代の名工 石川進造記念館
  • ヒキフネ金属工芸
  • Metallizing on Fiber Optics
  • 光ファイバ

めっきと環境

めっきと環境イメージめっきを語る際、環境への影響は避けて通れない問題です。
水質汚濁や土壌汚染を招く六価クロム、乾燥用の有機溶剤(トリクロールエチレン)など…。これら社会問題化するような有害物質は、品質の維持に不可欠な存在でした。

もちろん、めっきの業界各社も、環境負荷の低減には絶えず取り組んできました。
中でもヒキフネは業界に先がけて、これらの問題の解決に挑戦してきました。環境を守ることは、地域に愛され、また現場の従業員の健康を守る絶対条件だからです。

お客さまのためにヒキフネは、業務を停止するのではなく、これらの有害物質の代替技術を開発する道を選びました。たとえば、六価クロムに替わる三価クロム、金属アレルギーのリスクを下げる白色合金「ユリジウム」、鉛を含まない無電解ニッケルなどなどです。当初は品質を犠牲にせざるを得なかった部分もありましたが、今では環境と品質の両立を実現しています。ヒキフネがISO9001/ISO14001の双方の認証を得たのにはそのような意義があります。特に、ISO14001取得後は、省資源・省エネルギーを継続しています。

一方で、めっきが環境にプラスの要因があるといえば驚かれるでしょうか。めっきは「究極の省資源技術」とヒキフネは考えます。
たとえば、ホテルやレストランでは、長いこと使い込まれ、傷ついたナイフやフォークなどを再びめっきすることで、新品同様に蘇らせています。めっきは、表面にわずか1/1000mmの厚みをつけるだけで、美しさ、機能性、加工性といった新たな命を素材に吹き込みます。

ヒキフネは、めっきの長所と弱点を理解した上で、環境にフレンドリーな会社でありたいと願って、努力を続けています。

地域とのかかわり

ヒキフネが現在地・東四つ木に移転したのは1972(昭和47)年。地下に貯留ピットを設け、排水や廃液を全て処理するなど、当時から環境対策には力を注いできました。お客さまに愛されるのと同様に、地域から愛されることはヒキフネにとっての責任であると同時に存立の条件でもあります。

そこでヒキフネでは、1980(昭和55)年から毎年8月に「ヒキフネ祭り」を開催し、地域の皆様との交流機会を設けてきました。現在は町会の「ふるさと祭り」と共催となったこのヒキフネ祭りでは、社員が揃いの法被をまとい、手作りの盆踊り、金魚すくい、焼そば、かき氷などをお楽しみいただいています(もちろん従業員も楽しみにしています)。

既に開催31回を数えたヒキフネ祭りですが、子供の頃に体験した従業員が入社するといった出来事もありました。

他にも、小学生の体験学習に協力したり、地域の平和橋町会と合同での防災訓練を行うなど、地域との関わりを深めています。AEDの設置も含め、いざという時に備えています。

ヒキフネが2005(平成17)年に「葛飾区優良工場」、2008(平成20)年に「葛飾ブランド 葛飾町工場物語」の認定を受けられたのも、優れたものづくりだけでなく、このような地域貢献活動が評価されたことと受け止めています。

ヒキフネは雇傭の創出を含めて、東京・葛飾区になくてはならない、必ず社会の役に立ち、新しい価値を創り出す企業でありたいと願っています。

ヒキフネ祭りヒキフネ祭り
ヒキフネ祭りヒキフネ祭り

環境方針

ヒキフネグループは、「めっき技術」(その加工と設計・開発)を通して豊かな社会作りを目指します。そして「やさしい地球環境」を作るための改善を続けていきます。

  1. 環境に関する法とその他の取り決めを守り、汚染を予防します。
  2. 省エネ、省資源に努めます。
  3. 産業廃棄物、化学物質(製品への含有を含む)を管理し、削減します。
  4. 「めっき」が「やさしい地球環境作り」に影響することを良く理解し、目的、目標を決め、見直しを行います。
改訂日:
2009年6月1日
改訂版数:
第3版
初版制定:
2007年1月

環境負荷低減の取り組み

資源・エネルギー使用量

2007年にISO14001取得後、特に省資源・省エネルギー活動に積極的に取り組んだ結果、3年間で使用量の大幅な低減に成功しました。なお、これらの省資源・省エネルギー活動は、PDCAサイクルに則った継続的改善を行い、全社的に共有しています。さらに、これらの活動は、環境負荷低減はもちろんですが、副次的にはコストの節減を通じて、お客さまの費用負担軽減にも寄与しています。

技術の伝承

めっきは人的な「技能」に依存する比重がきわめて高い加工技術です。では、ヒキフネ製品の高品質を支える社員の平均年齢が30代前半であるといえば驚かれるでしょうか。

ヒキフネではめっきの作業工程の「見える化」を通じ、すぐれた「技能」を「技術」という知的資産として継承しつつ、迅速に人材を育成するよう取り組んでいます。たとえば、固有技術を迅速に身に付け、新たな技術を受け入れる能力を開発するために、専属の先輩社員が新入社員をサポートする「ブラザーシスター」制度。また、高等職業訓練校などの外部研修にも力を入れております。
このような、制度面からのサポートはもちろんのことですが、一人一人が技能を高められるよう、熱いマインドをもって自己研鑽を続ける文化がヒキフネにはあります。

現代の名工

「現代の名工」は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するものであり、1967(昭和42)年の創設以来、技能者の地位および技能水準の向上を図るとともに、技能の世界で活躍する職人や、技能の世界を志す若者に目標を示し夢と希望を与えてきました。

石川進造
石川進造

電気めっき工として高級装飾めっき技術をあみだし、至難の業である非金属材料へのめっき技能に優れる。
長年めっき技能者として従事し、数々の新製品の開発・発明に尽力する。特に電鋳技術による宝飾品などの製造や種々の素材へのめっき技能と精密印刷技術との融合化を図った高級装飾めっき技能に卓越している。さらにガラスやシリコン、光ファイバーやロウなど、一般的に困難であると言われる非金属材料へのめっき技能や、電鋳技能並びに複雑繊細な形状素材に均一な膜厚のめっき皮膜を施す技能等により産業界や社会に貢献している。
また、これまでに開発した処理法を活用して、超精密金型等の高性能化を実現するとともに、後進者の指導等に携わり、高度熟練技能検定委員などを経て現在も実務に係わり活躍している。

高度熟練技能者

日本の製造業のおかれている環境は、日に日に危機的な状況が深まっています。
バブル時代に製造業は3Kと呼ばれ、若者がものづくりの現場から離れた上に、熟練技能者の高齢化、また厳しい経営環境の中、教育にも熱心に取り組む余裕がない等、技能の承継は著しく困難な状況です。そこで、国は製造業の基盤である「熟練技能」の重要さをあらためて認め、優れた技能を持つ熟練技能者を「高度熟練技能者」として認定する制度をつくりました。
「高度熟練技能者」とは「機械では代替できない高度な技能を駆使して、高精度・高品質の製品などを作りだすことができる技能者、または、機械が作り出す製品と同等以上の高精度・高品質の製品を作り出すことができる技能者」と定義されています。

笠井正夫
笠井正夫
装飾めっき分野において卓越した技能を有し、豊富な経験をもとに、あらゆるトラブルの解決に優れた実績がある。
菊池政春
菊池政春
アルミ素材に対して、無欠陥の無電解複合めっきを量産するのに必要な幅広い知識と経験(アルミ表面の欠陥とめっきの関係、量産治具の設計、アルミ前処理のエッチング方法等) を有する。また、メクラ穴でもシミを出さない純水乾燥する方式を開発した。
早坂英雄
早坂英雄
公害防止管理者として環境会議を通じ、各工場の廃水処理の代行者養成・後継者の育成を日常的に行っている。これによって、各施設の安全運転が図れている。
芦辺義明
芦辺義明
高級複合めっき(ハイプレート)の開発から製品立ち上げまで担当し、成熟技術とされていた装飾めっきに新分野を開いた。
加川敬一
加川敬一
多岐にわたるめっき経験を重ね、治具改善などに実績がある。現在はバレルめっき部門を担当し、難めっき材・難形状のバレルめっきに優れた実績がある。

1級めっき技能士(13名)

2級めっき技能士(20名)

ヒキフネは毎年計画的に、国の技能士資格制度による「めっき技能士」を多数育てています。
この制度は、厚生労働省か職業能力開発促進法に基づき行う技能検定制度で、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的としています。
作業場に認定者が増えることで、お客さまの要求をミスなく的確に処理でき、お客様に「安心と信頼」をお届けしています。

人材育成

ヒキフネは経営理念に「全従業員が豊かになること」を掲げています。
金銭的な豊かさはもちろんですが、時間や知識、心の持ち方においても豊かな生活、豊かな人生を過ごすことが従業員に対するヒキフネの責任と考えています。
たとえば、食堂の壁には全員が「今年の目標」を掲出していますが、それは私生活に関わることでも全く問題ありません。その夢の実現をサポートするのも、「全従業員を豊かにする」ヒキフネの使命だからです。めっきの技能だけにとどまらない教育訓練もその一環です。

永年勤続者海外研修

入社後5年(アシスタントは10年)勤続している社員を対象に海外研修を行っています。自ら企画し、協力しながら主体的に海外に行くことで、見聞を広めることが目的です。海外研修2010 シンガポール海外研修海外研修2010 シンガポール海外研修2009オーストラリア海外研修2009オーストラリア海外研修2008ハワイ
海外研修2007海外研修2007海外研修2007海外研修2008ハワイ

全体研修会

2009年度は、社内外から専門家を招き、28回にわたって全社員対象の研修会を開催し、知見を高めました。

ダイカストでつくられた素材を知る
2009.3.2
装飾めっきの仕上がりを決めるポイント
2009.3.2
やさしくわかるISO
2009.3.2
タッチコミュニケーション
2009.3.2
今あるヒキフネの歴史
2009.4.3, 4.10, 4.17, 5.8
ブランドは利益を生む
2009.4.3
会社とは
2009.4.3, 5.8
私の仕事への取り組み方
2009.4.3
知って得する社会保険
2009.4.3, 5.8
めっきの原理
2009.4.10
複合装飾めっき
2009.4.17
めっきの基礎のきそ
2009.5.8
中国経済の現状
2009.7.10
根っこの改善こそものづくりの基本
2009.7.17
マナー研修
2009.7.24
食全体で体を変える(カラダマネジメント)
2009.7.31
笑顔のチカラ!
2009.8.7
メンタルヘルス研修
2009.8.28
財務分析
2009.10.9, 10.16
マーケティング特別講座
2009.10.23, 10.30
よい人間関係をつくるコミュニケーション
2009.11.6
勝つためのプレゼンテーション
2009.11.27
生活に欠かせないIT活用について考える 気象予報、警報システムから
2009.12.18
みんなの力が元気な会社を作る 〜変化の激しい環境をどうのりきるか〜
2010.1.29
見える化による経営品質の向上
2010.2.5
見える化の後に続く管理サイクルの実践
2010.2.12
勝つための考え方
2010.2.19
SPカードによるコミュニケーション
2010.2.26
ボイストレーニング
2010.3.5
身近な薬と健康
2010.3.19
ギャップを埋めるコミュケーション
2010.3.26
職場の作業改善
2010.4.2
ワールドカフェ
2010.4.23
研修会
研修会
研修会

アクションラーニング

現在、幹部社員が月例で取り組んでいる「アクションラーニング(AL)」セッションとは、部門や役職を横断したチームのメンバーがALコーチとともに「質問」と「振り返り」のプロセスを通じて現実の問題に向き合い、ひとりひとり、そしてチーム、会社全体の問題解決力とリーダーシップを高めてゆく手法です。変化の激しい2010年代を乗り切る力と、会社の一体感をさらに高めています。

アクションラーニングアクションラーニング

リクルート

当社のように表面処理を業としている会社は、全国で約3000社、都内で約500社あります。 表面処理の分野は、装飾関連と工業関連に分かれますが、精密装飾めっきの分野で当社は、全国でもトップクラスの品質と生産規模を誇ります。1980(昭和55)年より開発部門を設置し、他社に先駆けた技術開発を推進していることで、あらゆる業界の表面処理を扱っております。 皆さんが手にするデジタルカメラ、携帯電話などの消費財の多くは当社が加工しております。

これからは、いっそう人的資源を充実し、市場ニーズにすばやく対応できる企業体質を強化していきます。 みなさんに求めるもの、それは未来への「情熱」です。

新卒(大学・高校) 募集要項

募集人員
大卒2名・高卒5名
募集専攻
大卒: 全学部 / 高校: 専攻は特に問わず
職種
大卒: 研究開発、生産技術、営業、人事 / 高卒: 生産、検査
初任給
修士卒: 209,000円 / 大卒: 198,000円 / 高卒: 167,000円
会社訪問
大卒: 随時 / 高卒: 9月5日以降随時
採用試験
大卒: 随時 / 高卒: 9月16日以降随時
試験項目
大卒: 面接・書類審査 / 高卒: 面接・書類審査および一般常識
住宅手当
15,000円(親元通勤者は除く)
諸手当
役職手当、家族手当、営業手当、開発手当、通勤手当
賞与・昇級
賞与年2回、昇給年1回
勤務時間・休日
8:30~17:30 週休2日制(会社カレンダーに従います)
勤務地
東京都葛飾区東四つ木2-4-12
社員福祉
社会保険、財形貯蓄、社員団体保険、社員旅行、保養所、社員食堂、健康診断、退職金制度

中途採用・第二新卒募集要項

めっき製造技術職

当社は平均年齢34歳。毎年新卒を採用していますので若いパワーに溢れています。
伝統あるヒキフネのめっき技能を受け継げる人を募集していますので、何か面白そうだからやってみようかという方も歓迎します。
もちろん経験者の即戦力も大歓迎です。

職種
めっき製造技能職
要件
年齢 20~30歳位
未経験でも可
勤務地
東京都葛飾区東四つ木2-4-12
年収例
24歳 勤続 6年 380万円
29歳 勤続11年 480万円(係長)

めっきの生産技術および研究開発職

めっきに必要な技術は、化学、電気、機械がとくに重要です。中でもめっきの反応は目にみえないメカニズムを科学的に管理しなければなりません。
製造現場のスタッフとしての業務はもちろんのこと、常に新しい価値を創造する技術開発を担っています。
私たちと共に業界の最先端技術を造っていける情熱ある方を求めています。

職種
めっきの生産技術
めっき技術の研究開発
要件
化学系の大卒者
年齢 25~35歳位
勤務地
東京都葛飾区東四つ木2-4-12
年収例
29歳 勤続 4年 450万円
32歳 勤続8年 550万円(主任)

ある社員の一日

8:10
少し早めに出社して、職場の清掃。 今日はいつもより接点が汚れていた。
8:30
朝礼に出席。 当日の生産品目の確認や、不良内容の報告。 当日生産する際の注意点や、変更点を確認する。 今日も忙しくなりそうだ。
8:45
液を少量採り、分析を技術部に依頼する。 前処理を終えた品物の受注カードを確認して、電圧の調整や、時間を計り、指定のめっきを付けていく。
毎日様々な仕様のめっき製品が流れてくるので、受注カードは要チェック。
12:00
休憩。食堂にてブラザーとして相談相手になっている後輩のK君と食事をとる。 彼もだいぶ慣れてきて、難しい質問をするようになってきた。
12:45
休憩終了。担当場所に戻る。 交代で作業していた先輩と入れ替わりで午後の生産を開始する。
13:50
生産していて、不具合などを見つけたら、すぐに先輩に報告する。 納期が短い場合は、営業から客先へ連絡してもらうため、出来るだけ現場内での連絡は早くする。 幸い今日の品物は、お客様と営業の方が打ち合わせた限度見本内という判断があり、検査も通過した。
15:00
休憩。ラックセンターにいるパートの方にお菓子を貰った。しばし雑談。
15:10
休憩終了。 どうしても急ぎ!という営業依頼の品物が舞い込んできたが、何とか生産できるように調整する。
ここで電圧や時間を計り間違えると、後の生産にも影響が出るので、慎重に生産する。
16:30
少し空き時間が出来たので、パソコンにて来週から始まる品物の加工指示書を確認。注意点や作業対策を立てておく。
17:30
後片付けして、これから職場の先輩・同僚・後輩らと月一回のコミュニケーション飲み会。 今日は残業なし。